スポンサーリンク

オーニソガラム・ヒスピダム(Ornithogalum hispidulum)の植替えと育て方

ケープバルブ Cape bulb
スポンサーリンク

んにちは、このブログ記事を書いているGINZA HAIR(エトウと言います。福岡市中央区天神大名のGINZA HAIR SOLUTIONっていう美容室で髪切っとります。

世界大会や技能五輪国際大会で日本代表として優勝・入賞をしたりしてます。

あと、GOOODS ARTっていうショップやHAIRCOMPASS™️っていう髪質性格診断を考案しました。本も2冊ほど出版しています。

好きな事して生きとります。興味のあることは、つくることです。もちろん一番は仕事です。だって毎日つくれますから!

趣味の植物栽培は20年弱でマンションのベランダと室内に1000鉢は管理しています。アデニウムやパキポディウムをはじめ多肉植物、サボテン、アロエ、盆栽とさまざまです。

その他絵描いたり、キャンプしたり、死ぬ日まで何かをつくって、研究して、それで生活できるなら幸せです。

 

それでは今回のお話です。

オーニソガラム・ヒスピダム(Ornithogalum hispidulum)南アフリカ生まれ

原産地は南アフリカ西部、リトルカルーで春に開花する球根植物です。この種は、ナマクアランドの北側の広い地域で見られます。 

1年草ではなく、株を持ち越す多年草になります。冬型のケープバルブのカテゴリーに属します。

Ornithogalumは、Gk.ornithos=鳥(ガラ)= ミルク。

おそらく、コロンビダエ「ハトのミルク」によって生成された素嚢乳(そのうにゅう)のような、蓄えられる初乳のような高脂肪の分泌物を指しているのだと思います。

これは、茎を切ったところから出るねばねばした樹液に似ているのかもしれません。

一部の著者は、その名前は単にいくつかの花の乳白色を指しているだけであると示唆していますが、古代ギリシャ人にとって「鳥の乳」は素晴らしいものに対する口語表現でした.

hispidulumは、ラテン語 hispidus=「荒い」または「毛のある」からきています。

オーニソガラム・ヒスピダムって塊根植物なの?

オーニソガラムは、球根状の多年草です。高さ1~4センチ、球根部分は灰色がかっています。

塊根ではなく球根植物になります。

葉は写真でわかるように3~6枚で繊毛があります。

花は小花柄の上に直立し、長さ1~2センチ、白色~淡黄色、ときに緑色または赤みがかった裏面があり、花被片は披針形、長さ8~18㎜、花糸は糸状、円錐形または内側が下に広がり、子房は黄色または緑色、花柱は曲っているものがたまにあります。

オーニソガラム・ヒスピダムは定期的に植え替える

写真でわかるように小株はポコポコ増えていき、あっという間に鉢一杯に広がっていきます。定期的に株分けをして、根詰まりをさせない様にすることが必要です。

このまま土に入れるだけでも根付きますので、1日乾燥させたり、メネデールなどは必要ありません。

とにかく植替えは水捌けを重視した配合にしましょう。観葉植物用の土は向いていないので、こちらの配合をおすすめします。

<おすすめ培養土>

Amazon.com. Spend less. Smile more.
Free shipping on millions of items. Get the best of Shopping and Entertainment with Prime. Enjoy low prices and great de...

オーニソガラムは種類も豊富

オーニソガラムは原種だけでも180種類ほどあり、園芸品種がたくさん作られています。ぱっとこんな感じです。

オーニソガラム・ヒスピダム(Ornithogalum hispidulum)

O. abyssinicum

O. adanense

O. adseptentrionesvergentulum

O. aetfatense

O. alatepense

O. alatum

O. alpigenum

O. amblyocarpum

O. amplificatum

O. amphibolum

O. anamurense

O. anatolicum

O. anguinum

O. annae-ameliae

O. apiculatum

O. arabicum

O. arcuatum

O. arianum

O. armeniacum

O. atticum

O. baeticum

O. balansae

O. baurii

O. benguellense

O. beyazoglui

O. bicornutum

O. boissieri

O. boucheanum

O. bourgaeanum

O. brevipedicellatum

O. britteniae

O. broteroi

O. bungei

O. campanulatum

O. candicans

O. capillaris

O. cernuum

O. chetikianum

O. chionophilum

O. ciliiferum

O. collinum

O. comosum

O. concinnum

O. conicum

O. constrictum

O. convallarioides

O. corsicum

O. corticatum

O. craibii

O. creticum

O. cuspidatum

O. decus-montium

O. deltoideum

O. demirizianum

O. diphyllum

O. divergens

O. dolichopharynx

O. dregeanum

O. dubium

O. erichpaschei

O. esterhuyseniae

O. euxinum

O. exaratum

O. exscapum

O. falcatum

O. filicaule

O. fimbriatum

O. fimbrimarginatum

O. fischerianum

O. fissurisedulum

O. flexuosum

O. fuscescens

O. gabrielianiae

O. gambosanum

O. geniculatum

O. gorenflotii

O. graciliflorum

O. gracillimum

O. graecum

O. graminifolium

O. gregorianum

O. gulnariense

O. gussonei

O. haalenbergense

O. hajastanum

O. hallii

O. hispidulum

O. hispidum

O. hyrcanum

O. imereticum

O. immaculatum

O. improbum

O. inclusum

O. insulare

O. iranicum

O. iraqense

O. isauricum

O. joschtiae

O. juncifolium

O. khuzestanicum

O. kilicii

O. kuereanum

O. kurdicum

O. lanceolatum

O. leeupoortense

O. libanoticum

O. lithopsoides

O. longicollum

O. luschanii

O. lychnite

O. macrum

O. maculatum

O. magnum

O. malatyanum

O. mater-familias

O. mekselinae

O. monophyllum

O. montanum

O. multifolium

O. munzurense 

O. mysum

O. nallihanense

O. namaquanulum

O. nanodes

O. narbonense

O. navaschinii

O. naviculum

O. naxense

O. neopatersonia

O. neurostegium

O. nitidum

O. nivale

O. niveum

O. nurdaniae

O. nutans

O. ocellatum

O. oligophyllum

O. oreoides

O. orthophyllum

O. paludosum

O. pamphylicum

O. pascheanum

O. pedicellare

O. pendens

O. perdurans

O. persicum

O. pilosum

O. plurifolium

O. pluttulum

O. polyphyllum

O. ponticum

O. prasinantherum

O. princeps

O. pruinosum

O. puberulum

O. pullatum

O. pumilum

O. pycnanthum

O. pyramidale

O. pyrenaicum

O. rausii

O. refractum

O. regale

O. reverchonii

O. richtersveldensis

O. rogersii

O. rosulatum

O. rotatum

O. rupestre

O. saginatum

O. samariae

O. sanandajense

O. sancakense

O. sandrasicum

O. sardienii

O. saundersiae

O. sephtonii

O. sessiliflorum

O. sigmoideum

O. sintenisii

O. sorgerae

O. spetae

O. sphaerocarpum

O. sphaerolobum

O. subcoriaceum

O. sumbulianum

O. synadelphicum

O. tanquanum

O. tardum

O. televirnum

O. thermophilum

O. thunbergii

O. thyrsoides

O. transcaucasicum

O. trichophyllum

O. tropicale

O. ulixis

O. uluense

O. umbellatum

O. umbratile

O. vasakii

O. verae

O. viridiflorum

O. visianicum

O. wiedemannii

O. woronowii

O. xanthochlorum

O. yesilyurtense

O. yildirimlii

O. zebrinellum

Unplaced: O. dictaeum
Nothospecies:O. × degenianum – O. × gugliae – O. × wildtii

その他の植物図鑑

砂漠の薔薇「アデニウム」の育て方。マンションのベランダで育てるコツ

砂漠の薔薇「アデニウム」の育て方。マンションのベランダで育てるコツ
砂漠の薔薇?可愛くてカッコいい植物「アデニウム」とは・・・ 植物大好き17年様々な植物を管理しています。 「アデニウム」は種から育てております。 アデニウムは、南アフリカ、南西アフリカ、ソコトラ島、アラビア半島が原産で、日本とは真逆の地域で...

パキポディウム・レアリーとサンデルシー似てる?育て方の解説 

パキポディウム・レアリーとサンデルシー似てる?育て方の解説 
パキポディウム・レアリーとサンデルシーは似てる レアリー Pachypodium lealii サ(ウ)ンデルシー Pachypodium lealii spp. saundersii と、以前はパキポディウム・レアリーの変種・亜種として、...

アロエ・マルロシーを種から育てる。7年目で発覚、どう見てもアロエ・マキュラータぽいのが混ざっていた件

アロエ・マルロシーを種から育てる。7年目で発覚、どう見てもアロエ・マキュラータぽいのが混ざっていた件
植物マニアシリーズです。 アロエ・マルロシー(鬼切丸)を種から育てる 木立ちアロエの仲間「アロエ・マルロシー」和名は鬼切丸と言います。鬼滅の刃に出てきそうですね。 マルロシーを種から育てるにあたり注意点などを書きたいと思います。 種から7年...

アロエ・ボイレイ(グラスアロエ)をマンションで種子から育てるコツ【種子からの成長の画像・動画多数あり】

アロエ・ボイレイ(グラスアロエ)をマンションで種子から育てるコツ【種子からの成長の画像・動画多数あり】
アロエ・ボイレイ(グラスアロエ)をマンションで育てるコツ アロエ・ボイレイをマンションでタネから育てています。アロエはユリ科の耐寒性多年草ですが、中でもボイレイは夏グラスアロエの大型になる品種です。 グラスアロエは雑草のような雰囲気のアロエ...

アガベ・笹の雪の種類と育て方

アガベ・笹の雪の種類と育て方「Agave victoriae-reginae 」
アガベ・笹の雪の種類と特徴「Agave victoriae-reginae 」 アガベの中でもチタノタと並ぶ人気品種になります。ざっと「笹の雪」の派生のものは多く、この書籍だけでも見開き使うくらいあります。 まだまだ種類はありますが、代表的...

アガべ・チタノタ(チタノータ)をマンションでタネから育てる

【結果】アガべ・チタノタをマンションで種子から育てて10年
アガベ(Agave)とは 最近人気のあるアガベのひとつで、リュウゼツラン科アガベ属の植物になります。アガベの中でも人気も知名度も一番高いのが、このチタノタではないでしょうか? アガベ・チタノータ(Agave titnota/チタノタ)は、北...

冬型根塊植物チレコドン・レティキュラーツスの育て方

冬型根塊植物チレコドン・レティキュラーツスの育て方
冬型根塊植物チレコドン・レティキュラーツスとは? チレコドン・レティキュラーツス(Tylecodon reticulatus)はベンケイソウ科チレコドン属、冬成長型根塊植物です。 成長すると独特な形になり、盆栽などに最適な植物です。 花が咲...

【動画あり】ディッキア・ヘクチア種子から8年育てています。植え替え・株分け・用土作りを解説。

グランドブロメリアのヘクチアを種子から8年の記録。植え替え・株分け・用土作りを解説。
グランドブロメリアのヘクチア種から8年の記録ブロメリアとは、中南米が原産のブロメリア科(Bromeliaceae)の植物です。8亜科58属約3200種におよぶ、大きな植物群です。パイナップル科という別名もあります。その姿を見れば容易に想像で

初めやすい塊根植物&ユーフォルビアおすすめ12選

初めやすい塊根植物&ユーフォルビアおすすめ12選
この記事を読まれているということは、すでに植物をいくつか育てていて、もう少し踏み込んだものを探しているのではないでしょうか? そこでお勧めしたいのが塊根植物です。塊根植物とは、地下部がぷっくりと膨れていて球根の様にも見え、幹とはまた違う表情...

BEAUTY×GREEN⇨どちらも生活を彩ることで心の豊かさを

BEAUTY×GREEN⇨どちらも生活を彩ることで心の豊かさを
BEAUTY×GREEN⇨どちらも生活を彩ることで心の豊かさを 美容室でGREENを育てるようになって15年経ちました。観葉植物に始まり、ハーブ、盆栽、苔、フルーツ、多肉植物、サボテン、アロエ、エアープランツ、コーデックス、ヘクチア、ディッ...

無料で髪質性格診断をやってみる

髪質性格診断とは?それは髪質で性格を見抜く方法です。
髪質性格診断とは?それは髪質で性格を見抜く方法です。 髪を見ただけで血液型のように性格診断できたらおもしろくないですか? それを20年間統計をとって完成させました。その名も「ヘアコンパス™️」と名付けました。 「ヘアコンパス™️」はたった3...

 

ヘアコンパスとは何か?

髪質性格診断
ヘアコンパスの詳しい情報はこちらから 髪質と性格の関係性を科学する 髪の周期ってご存知ですか? 髪は、毎日抜けて生えてを繰り返しています。 今回は少し違った切り口でお話しします。 疾病や薬品の影響は別として、この毛周期を止めることは出来ませ...

 

<オフィシャルサイト>

お問い合わせはこちらから

美容師 | 髪と性格の関係性を科学するパーソナリティー心理学
美容師 | 髪と性格の関係性を科学するパーソナリティー心理学。HAIRCOMPASS/ヘアコンパスは、理・美容師が考えた「髪質で個性を見分けるガイドブック」です。日本人のルーツから繋がる髪質。髪と性格の統計。そして心理学をミックスさせた「髪...

【書籍の購入はこちら】

https://amzn.to/3S9pbBI

チャンネル登録とご案内です

 

LINE公式アカウントになりますので現在こちらから誰が友達追加して頂けたのかわからないようになっております。 ですからご安心してください。 基本的に江藤からのメッセージは全員に配信されますが、通知をオフにもできます。 通常のLINE機能の1:1のトークも出来ます。 皆様からのメッセージは全て個別トークルームですのでご安心下さい。 個別メッセージの際はどなたかわからないことがありますので初回はお名前の記載をお願いします。
 新しくLINEで友達追加して頂きました方でご希望の方にはプレゼントをご用意しております。
①私が書きました書籍「美容室では教えてくれないヘアケア術」のPDF
②GOOODS ART(ネットショップ)「LINE限定特別クーポン」
③LINEスタンプ「バクくんとクリスピー」
①〜③のいずれかをプレゼントいたします。
トークルームに書いてみてください。
是非登録してみてください。

 

Twitterもやっています。

Twitter:GINZAHAIR

 

YouTubeチャンネルでやってます。

GINZA HAIR OMOTE美容師系チャンネル

GINZA HAIR URAMEN趣味の部屋

 

【サロンのご案内】

■営業時間:10:00〜20:00

■受付時間:カット〜19:00カラー・パーマ〜18:00

■場所:福岡市中央区大名1-2-20-1003

■定休日:毎週月曜日・第1第3火曜日(その他不定期)

■電話:092-725-9260

■メール:ginzahairsolution@gmail.com

サロンホームページ

 

こちらも合わせてお読みください。

初めての方へこちらも併せてお読みください。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング - 投票処理中

最後まで読んでいただいてありがとうございます。関連の記事をよかったら飛んでみてください。

 

スポンサーリンク
ケープバルブ Cape bulb植物マニア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ginzahairをフォローする
ginzahair
この記事を書いた人

20年の髪質性格研究と世界大会の優勝入賞の経験を元にhttp://ginza-hair.com美容室。http://hair-compass.com髪質性格診断を運営しています。プライベートでは子供4人のパパしてます。趣味は植物栽培、絵を描く、キャンプ、とにかくつくる事が大好きです。極めたがりの46歳です。髪や美容の事、仕事に対する考えをブログにしています。

ginzahairをフォローする
GINZA HAIRの頭の中は草髪健美

コメント

タイトルとURLをコピーしました